スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秀章の台湾旅行記・二日目 その1



秀章の台湾旅行記・一日目」の続き




【二日目】

○台北市内
 
 ホテルで朝食を済ませた後、連れの姉は私用があるというので、集合時間を決めて別行動を取ることに。

 かといって僕の方はこれといって用事はないので、台北市内をぷらぷら歩く。

CIMG1404_convert_20110928225442.jpg
 『ザ・台湾』ってな感じの建物だけど、歴史的建造物でも何でもなくただのレストラン。


 CIMG1413_convert_20110928225513.jpg
 市内の街並みはどこも割とこんな感じ。ちなみにここは台湾の秋葉原と称される「電脳街」というエリアらしく、PC関連のショップがずらっと並んでました。そして台湾の秋葉原ということは勿論……あとで詳しくご紹介します。


 CIMG1408_convert_20110928225530.jpg
 散策途中に迷い込んだ市場での一枚。タイトルを付けるとしたら「before~after」といったところでしょうか。


 そんなこんなで電脳街付近をウロウロしてたら、すっかり昼飯時。ちょうどいい具合に小腹も空いた。

 ガイドブックを開くと近くに旨い牛肉麺があるということで行ってみることに。

CIMG1407_convert_20110928225557.jpg
 十人も入れない小さな店。けどこれくらいの規模は台北では珍しくないっぽい。
 で、こちらのお店で頂いたのがコイツ↓
CIMG1405_convert_20110928225613.jpg
 ラーメンとうどんの中間くらいの麺もの。しっかり味の沁みた牛肉とあっさりスープが最高。そのままでも十分うまかったけど、隣りに座ってたオッサンの見よう見まねで、テーブルにあった辛味噌や薬味を投入。すると、もっと旨くなった。ご馳走様。


 昼食を済ませ、再び電脳街へ。すると……

CIMG1417.jpg

 キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!

 はい、正真正銘「アニメイト」です。
 そう、台湾の秋葉原と言われるだけあって、電脳街にはこの手のショップも充実しているのです。
 
 ……え? 海外に来てまでアニメイトに行くって頭おかしいんじゃねぇかって?
 いえいえ何をおっしゃいますか。こちとらラノベ作家ですよ?
 各国の市場を調査するのも大切な仕事じゃないですか! 

 というわけで、仕事なのでやむなく入店。

 店内めっちゃキレイ

 どうやら最近開店したと思われます。床とかマジでピッカピカ。品揃えも半端ない! かなーりマニアックなマンガやラノベまで中文翻訳されたものが売られています。

 これはすごいぞー! と早速店内を撮影しようとしたら店員さんに撮影禁止を言い渡されました。笑
 やんわりと日本語で。

 しかし、「店内はダメだけど商品とかだったら別にいいよー」とのこと。なぜ?

 けどまぁそう仰っていただけたのだから、お言葉に甘えて撮影。

CIMG1414_convert_20110928234633.jpg
デッドマン・ワンダーランドとか売ってます。そして注目していただきたいのは、18禁として売られているということです! 
 んー、グロ規制かな?
 どうも台湾はこの手の規制が厳しい様子。「え? これも18禁?!」ってのが多々見られました。
 例えばこれ↓
CIMG1415_convert_20110928234658.jpg

 18禁『島耕作』

 ええええええぇぇぇぇえええええ?!笑


 なんで?!

 こっちの島耕作はソフト・オン・デ◯ンドにでも勤めているのでしょうか。謎ですね。
 こーゆーのを見るとつくづく日本に生まれて来てよかったなと思います。


 続いて18禁コーナーを離れ、ラノベコーナーへ。

 こちらも品揃えが豊富。ひと通りの名著は網羅されてる感じです。

 例えばこれとか~
CIMG1412.jpg

これとか~
CIMG1410.jpg

これとかね~
CIMG1411.jpg

 写真を撮ったのはこんなもんですが、飛空士シリーズも勿論ありましたし、あとは小木君人先生の『その日彼は死なずにすむか?』とかもありました。多分ちゃんと探せばもっとあるんだと思います。

 ふふふ。なんというか、レーベルメイト(特に、面識のある川岸殴魚先生とかツカサ先生とか)の作品が、こうして世界を股にかけているのを目の当たりにすると、嬉しいもんですな。

 っていうか邪神のギャグは台湾人にも通用するのか?!

 まぁ売られてるってことは通用するってことなのでしょう。

 すげぇな川岸先生。
 
 台湾でもおもしろ日本人としてご活躍できるじゃないですか。

 いや~世界に羽ばたくガガガ作家陣ですね~……って、え? 脱兎リベンジですか?


 写真が無いことから察して下さい。



 いやいや、不貞腐れてなんてないっすよ。むしろ夢が一つ出来たってな話ですわ。

 いつか必ず台湾のアニメイトにも並ぶような小説書いてやるからな見てろよコンチクショー 


 
 ってな感じで闘志をメラメラ燃やしつつ、姉との待ち合わせ場所へ向かうのでした。



「秀章の台湾旅行・二日目 その2」へ続きます。

 長くなってしまって申し訳ないです……が、まだまだ続きますよー。

 次回はいよいよ、「千と千尋の神隠し」の舞台となった街、九份(きゅうふん)が登場します!


スポンサーサイト
プロフィール

Author:秀章(ヒデアキ)
11月1日生まれ。うさぎ年。

ライトノベルやソーシャルゲームのシナリオなどを書かせていただいております。


小学館ガガガ文庫より、
『脱兎リベンジ』、
『空知らぬ虹の解放区1~2』
『GランDKとダーティ・フェスタ』

スニーカー文庫より、
『サークルクラッシャーのあの娘、ぼくが既読スルー決めたらどんな顔するだろう』を発売中。

連絡先 : hideaki1101☆gmail.com 
(☆→@)

よろしくお願いします。

著書
↑NEW!
GランDKとダーティ・フェスタ (ガガガ文庫)
秀章
小学館 (2014-09-18)
売り上げランキング: 992,579
空知らぬ虹の解放区〈2〉 (ガガガ文庫)
秀章
小学館 (2013-02-19)
売り上げランキング: 965,798
空知らぬ虹の解放区 (ガガガ文庫)
秀章
小学館 (2012-05-18)
売り上げランキング: 851,564
脱兎リベンジ (ガガガ文庫)
秀章
小学館 (2011-07-20)
売り上げランキング: 406,690
↓OLD!
最新記事
最新コメント
twitter
カレンダー
08 | 2011/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
月別アーカイブ
御連絡はこちらからお願いします

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスカウンター
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。