スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

後日談

 

DSC_0003_convert_20120804125904.jpg


 全ては分かっていたことさ


 どんなに強力な接着剤も、〝亀裂〟そのものを消すことは出来ないのだから……


「最後まで無理をさせてごめんね」


 口にしかけたその言葉を、僕はすんでのところで飲み込んだ


 僕が謝ると、君はいつも決まって困った顔をする。君はそういう人だった

 
 まったく自分の馬鹿さ加減にはほとほと呆れる

 
 あわや僕は、最後の最後まで君を困らせるところだった


DSC_0004_convert_20120804134631_convert_20120804134832.jpg


「あら? そちらの方が新しいパートナー? へぇ、こんなオシャレな子を捕まえてくるなんて、あなたもやるわね」


 新しいパートナーを家に迎え入れ、君と交代する間際、君は僕と僕の新しいパートナーをそう茶化したね


「――あの人のこと、どうかよろしくお願いします」


 そして僕の目の届かないところで、君が僕の新しいパートナーにそう言っているのを、こっそり耳にしたよ
 



 僕達はもう二度と会うことはないだろう
 

 あんなに支えてもらったのに、終わりは呆気無く来るんだね


 けれど君を困らせたくないから、心配掛けたくないから、たくさんたくさん感謝しているから、勇気を出して君にこう言うんだ


「ありがとう、さようなら」


 


 開け放した窓
 そよぎ抜ける風
 蝉と子供のはしゃぎ声

「夏だね」と振り返っても、もう部屋に君の姿はない 





※意訳
 えぇ、そうです。この記事の後日談です。
 接着剤で騙し騙しやってきたけどやっぱダメですた\(^o^)/
 ただ座る分には何ら問題ないんですが、やっぱり肘掛けが無いと具合が悪いんですよね~。
 ってなわけで古いのは処分して新しい椅子に買い換えました。
 この記事も新しい椅子に座って書いてます。調子いいです。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

秀章(ヒデアキ)

Author:秀章(ヒデアキ)
11月1日生まれ。うさぎ年。

ライトノベルやソーシャルゲームのシナリオなどを書かせていただいております。


小学館ガガガ文庫より、
『脱兎リベンジ』、
『空知らぬ虹の解放区1~2』
『GランDKとダーティ・フェスタ』

スニーカー文庫より、
『サークルクラッシャーのあの娘、ぼくが既読スルー決めたらどんな顔するだろう』を発売中。

連絡先 : hideaki1101☆gmail.com 
(☆→@)

よろしくお願いします。

著書
↑NEW!
GランDKとダーティ・フェスタ (ガガガ文庫)
秀章
小学館 (2014-09-18)
売り上げランキング: 992,579
空知らぬ虹の解放区〈2〉 (ガガガ文庫)
秀章
小学館 (2013-02-19)
売り上げランキング: 965,798
空知らぬ虹の解放区 (ガガガ文庫)
秀章
小学館 (2012-05-18)
売り上げランキング: 851,564
脱兎リベンジ (ガガガ文庫)
秀章
小学館 (2011-07-20)
売り上げランキング: 406,690
↓OLD!
最新記事
最新コメント
twitter
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
御連絡はこちらからお願いします

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスカウンター
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。