スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワンダホー



 グッと来たミュージックビデオをご紹介。



 これです。
 動画の説明欄にもあるんですけど、要は環ROYというアーティストの「ワンダフル」という一曲を、40人くらいの映像作家が、約5秒間隔のリレー形式でミュージックビデオにしてるってものですね。
 40人の映像作家の間で共通するテーマなどは設けていないらしく、かなりヴァリエーションに富んだものになっています。まずそれが面白い。加えて、5秒という短さだからこそ、映像のアイディアのいいところだけを映せている。つまりこのMVって、40人分の映像作家のいいとこ取りの繋ぎ合わせなわけですよ。
 んでこの〝いいとこ取りの繋ぎ合わせ〟って何かと言うと、映画の予告編に似てるんですよね。
 ほら、映画で一番面白いのって予告編じゃないですか
 だからこのMVも、見ていてものすごく気持ちいいに感じに仕上がっているんだと思います。そもそも、5秒間の映像(いいところ)がそれぞれの作家自身の予告編とも言えるわけで、予告編の二重構造になっているというワンダフル。
 しかもリレー形式という一風変わった手法にしたのは、制作費がないからという実に気持ちのよい動機。資金不足というピンチから捻り出された発想が、このような素晴らしい映像作品を生んじゃったのです。
 
 そういう部分も含めて非常にグッと来るミュージックビデオでした。



 そういえば前記事で紹介した『カクリヨの短い歌』、こちらを執筆なさった大桑先生なんですが、なんと僕のブログを見てRANLちゃん(※知らない方はこちらの記事を参照下さい。→)にハマったらしいです。これ言われた時は嬉しかったなー。以前には脱衣伝を執筆なさっている大谷久先生もRANLに興味を持たれていましたからね。これで二人目です。
 このミュージックビデオの記事なんかもそうですが、僕は度々「こんな面白いものを見つけたぜ!」ってレビューめいたものを書いたりしてます。そんな時は毎度「俺なんかが分かった風な口でこの作品を語っても良いのだろうか……」とか考えたりしてるんですが、少しでも布教になっているなら悪くないんじゃないかと思えました。

 というわけで、また何か面白いものを見つけたら紹介しますね。

 それじゃ!



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

秀章(ヒデアキ)

Author:秀章(ヒデアキ)
11月1日生まれ。うさぎ年。

ライトノベルやソーシャルゲームのシナリオなどを書かせていただいております。


小学館ガガガ文庫より、
『脱兎リベンジ』、
『空知らぬ虹の解放区1~2』
『GランDKとダーティ・フェスタ』

スニーカー文庫より、
『サークルクラッシャーのあの娘、ぼくが既読スルー決めたらどんな顔するだろう』を発売中。

連絡先 : hideaki1101☆gmail.com 
(☆→@)

よろしくお願いします。

著書
↑NEW!
GランDKとダーティ・フェスタ (ガガガ文庫)
秀章
小学館 (2014-09-18)
売り上げランキング: 992,579
空知らぬ虹の解放区〈2〉 (ガガガ文庫)
秀章
小学館 (2013-02-19)
売り上げランキング: 965,798
空知らぬ虹の解放区 (ガガガ文庫)
秀章
小学館 (2012-05-18)
売り上げランキング: 851,564
脱兎リベンジ (ガガガ文庫)
秀章
小学館 (2011-07-20)
売り上げランキング: 406,690
↓OLD!
最新記事
最新コメント
twitter
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
月別アーカイブ
御連絡はこちらからお願いします

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスカウンター
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。