スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北の大地で筆を執る男



 僕が今もっともブログ開設を待ち望んでいたさる御方が、ついにブログを開設なされました。

 その〝さる御方〟とは、ガガガ文庫の先輩作家・大谷久先生です!!

 
罪都B×B (ガガガ文庫)罪都B×B (ガガガ文庫)
(2011/07/20)
大谷 久

商品詳細を見る


 大谷先生といえば、僕と同月で発売なされた『罪都B×B』が記憶に新しいですね。
 ジャンルで言えば「能力バトルもの」になるのでしょうが、ただ「炎ゴォォォ!」「雷バリバリィィィ!」みたいな単純な能力バトルと思うなかれ。勿論ド派手な能力の応酬も見所ですが、能力者達に立ち向かう主人公・メロウの〝小賢しさ〟と言ったらもうね。単純な力比べだけでは勝てない敵を相手に、主人公が知恵を絞って小細工を弄し、出し抜く姿ってのは問答無用でシビれます。あとクールそうに見えてムッツリなところもナイス。気絶してる女の子のおっぱいを揉むか揉まざるか葛藤するような男は、綺麗事を並べ立てるだけの鈍感難聴男よりもよっぽど信用に値します。
 つーわけでオススメなのです!


 いやーしっかし、僕は嬉しいですよ。大谷先生がブログを始められて。
 冒頭に「今もっともブログ開設を待ち望んでいた~」とか書きましたが、決して大袈裟ではないですからね。

 というのも、ガガガ大賞の授賞式後の飲み会で、僕はずっと大谷先生と席をご一緒させていただいたのです。で、年が近いこともあって(大谷先生は僕の一個上)楽しくお話もさせてもらった僕は、勝手に大谷先生とお近づきになったと思い込んでいました。だから当ブログを開設した時も、是非大谷先生のブログにリンクしてもらおうとしたのですが、見つけることが出来ず、挙句どういうわけか一般の方のブログを大谷先生のブログだと勘違いして、リンク申請のメールを出してしまう始末。
 相手の方ビックリしたろうなー。ガガガ文庫作家を名乗る胡散臭いメールがいきなり届くんだから。笑
 ホント、我ながら訳の分からない勘違いをしたもんだ。
 そんで大谷先生のブログ、見つからないはずだよ。だってその当時はまだ大谷先生はブログを開設なされていなかったのですから……。
 ともかく僕は、そんな失敗をしてしまうほどに大谷先生のブログを欲していたのです!
 そして今! ようやく! 念願が叶いました!
 よくよく大谷先生のブログを見ると7月末にはもうブログは開設なされてて、
「あれー? なんでもっと早く仰っていただけなかったのだろうかー(´・ω・`)」と切ない気分にもなりましたが、無問題。細かいことは気にしないぜ!

 というわけで、大谷先生がブログを開設なされましたので、みなさんも是非チェックしてみてください!
 リンクにも追加しました!

 大谷久先生のブログ『屋根裏部屋の隅っこで』

 今後とも我々ガガガ文庫作家陣をよろしくお願い致します!


CIMG1301_convert_20111005000446.jpg

 ↑なんか告知が続いたので、マスコット要員の針兵衛を投下。大谷先生も針兵衛の魅力にメロメロだとか!
 『針兵衛、タオルケットに鼻を埋めるの図』。


 それでは~。





 

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

すみません、大谷久です。

記事に書いていただいた通り、ブログ開設したのが7月末なんですが、
勇気を振り絞ってリンク貼らさせていただいたのが今日となります。
ブログで紹介していただいて有り難うございます!

今、とても舌を噛みたい気分です。申し訳なくて。
秀章先生が華々しすぎて。

でも、もし秀章先生が笑っていいとものテレフォンコーナーに
出たら、テレビの前でドヤ顔でしつつ、お花を贈りたいくらい、
尊敬してます。

痴れ言はさておき。
リンクして頂いて有り難うございます。

ハリネズミ、ペットとして飼いたいなー、と思っているので、
よければ、越冬、というか冬場の過ごさせかたなど
教えて頂きたいところです!

ではー、これからもよろしくお願いします。


大谷久先生へ

> ハリネズミ、ペットとして飼いたいなー、と思っているので、
> よければ、越冬、というか冬場の過ごさせかたなど
> 教えて頂きたいところです!

マジですか! 
そういうことでしたら、近いうちにその辺りのことをネタにしたブログの記事でも書くことにします!
その時にはまた遊びにいらっしゃってくださいね~。
プロフィール

秀章(ヒデアキ)

Author:秀章(ヒデアキ)
11月1日生まれ。うさぎ年。

ライトノベルやソーシャルゲームのシナリオなどを書かせていただいております。


小学館ガガガ文庫より、
『脱兎リベンジ』、
『空知らぬ虹の解放区1~2』
『GランDKとダーティ・フェスタ』

スニーカー文庫より、
『サークルクラッシャーのあの娘、ぼくが既読スルー決めたらどんな顔するだろう』を発売中。

連絡先 : hideaki1101☆gmail.com 
(☆→@)

よろしくお願いします。

著書
↑NEW!
GランDKとダーティ・フェスタ (ガガガ文庫)
秀章
小学館 (2014-09-18)
売り上げランキング: 992,579
空知らぬ虹の解放区〈2〉 (ガガガ文庫)
秀章
小学館 (2013-02-19)
売り上げランキング: 965,798
空知らぬ虹の解放区 (ガガガ文庫)
秀章
小学館 (2012-05-18)
売り上げランキング: 851,564
脱兎リベンジ (ガガガ文庫)
秀章
小学館 (2011-07-20)
売り上げランキング: 406,690
↓OLD!
最新記事
最新コメント
twitter
カレンダー
06 | 2017/03 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カテゴリ
月別アーカイブ
御連絡はこちらからお願いします

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスカウンター
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。