スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大阪へHereee we go



 昨晩、大阪で働いている地元(埼玉県)の友人がこっちに帰ってきたので飲んだんですけど、大阪行きたくなりました。
 過去に一度だけ大阪には遊びに行ったことがあるのですが、やっぱり関東とは違う独特な空気感が街にはあった気がします。
 楽しかったなぁ~。ビリケン様の足裏撫でたりね、串かつ・たこ焼き・お好み焼き・うどん……どれも美味かったなぁ。
 あとアパートの一室みたいなとこで営業してたバーのおねーさん、大阪弁がメッチャエロかったなぁ。落ち着いた大人のおねーさんの大阪弁ってなんであんな色っぽいの? 関東圏に住んでると方言とかなかなか聞かないから余計に方言に憧れます。Yes、方言萌え。
 ただその時は吉本とか観れなかったし、京都へも足伸ばしたりしたから大阪ではゆっくりは出来なかったので、もっかい行きたいのです。
 今度は向こうに友達もいるわけだし、あちこち連れてってもらいたい。

 
 大阪のHIPHOPバンド。とてもジャジーでお洒落。


 そうそう、大阪のあとに京都にも行ったんですけど、京都にもまた行きたいですね~。
 関東民なので当たり前のように中学の修学旅行でも京都へは行ってるのですが、京都って大人になってから行ったほうが面白いですよね。中学生の僕は神社仏閣の良さとかいまいち分かってなかったですもん。歴史とかにも興味がなかったですし。学校の先生は修学旅行前に「京都や神社仏閣について勉強をしてから行きましょう」とか言ってて、当時は「そんなんいいじゃん。旅行を楽しめばいいじゃない。ホント大人ってつまんねーなー」とか思ってましたけど、先生の言う通りで勉強してから行ったほうが断然面白いんですよね。えぇ。これもまた親の心子知らず。

 はぁ~あ、伏見稲荷大社行きてぇぇえええ!!
 あと源光庵! そういや中学生の僕が行った時には、源光庵の悟りの窓の前にあんな立入禁止の柵なんてなかったと思うんですけどね、数年前(大阪後の京都旅行の時)に行ったらそれがあって、すごくがっかりしました。きっとマナーを守らない人がいたんだろうな……。でーむ

 
 それでは!

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

秀章(ヒデアキ)

Author:秀章(ヒデアキ)
11月1日生まれ。うさぎ年。

ライトノベルやソーシャルゲームのシナリオなどを書かせていただいております。


小学館ガガガ文庫より、
『脱兎リベンジ』、
『空知らぬ虹の解放区1~2』
『GランDKとダーティ・フェスタ』

スニーカー文庫より、
『サークルクラッシャーのあの娘、ぼくが既読スルー決めたらどんな顔するだろう』を発売中。

連絡先 : hideaki1101☆gmail.com 
(☆→@)

よろしくお願いします。

著書
↑NEW!
GランDKとダーティ・フェスタ (ガガガ文庫)
秀章
小学館 (2014-09-18)
売り上げランキング: 992,579
空知らぬ虹の解放区〈2〉 (ガガガ文庫)
秀章
小学館 (2013-02-19)
売り上げランキング: 965,798
空知らぬ虹の解放区 (ガガガ文庫)
秀章
小学館 (2012-05-18)
売り上げランキング: 851,564
脱兎リベンジ (ガガガ文庫)
秀章
小学館 (2011-07-20)
売り上げランキング: 406,690
↓OLD!
最新記事
最新コメント
twitter
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
御連絡はこちらからお願いします

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスカウンター
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。