スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パブリックイメージメーカー



 今年はしつこい残暑もなく、秋らしい秋が長くていいですね。
 昼はカラッと暖かく、夜は涼やか。気候がいいから何をするにももってこい。
 読書の秋なんて風にも言いますしね。

 というわけで本日オススメする一冊がこちらでございます。

ガガガ文庫 GランDKとダーティ・フェスタ(イラスト完全版)ガガガ文庫 GランDKとダーティ・フェスタ(イラスト完全版)
(2014/09/26)
秀章

商品詳細を見る


 
 はいどうもご無沙汰です。作者の秀秋です。本当に何卒よろしくお願い致しますm(_ _)m

 まー自分で読書の秋云々言っておいて僕は特に読書に熱心ではありません。
 食欲の秋ってわけでもないです。ちょうど一年前のこの時期から始めた炭水化物ダイエットのおかげで10kg痩せまして、飯食う量自体大幅に減ったので。

 今確認したところ、

一年前  体重66,3kg、体脂肪率20,8% 
 現在  体重55,2kg、体脂肪率8,1% 

 こうなりました。
 炭水化物、まったく食ってないわけじゃないですよ。ただ今まではどんぶりで食べてたお米を普通の茶碗一杯分に抑えたり、パスタも200g茹でてたのを130gにしたり、ラーメン屋行っても大盛りは頼まないっていうレベルの節食です。結果がこれ。すごいね人体。
 まぁこれだけ痩せたのは、僕の場合ランニングや筋トレやクライミングなどの運動もずーっと続けてたってのも大きいんでしょうけど。
 そう考えるとスポーツの秋でもないですね。オールシーズンスポーツしてますから。
 
 じゃあ僕は何の秋かっつーと、物欲の秋みたいです。
 バッグが欲しいんです。
 大きさは、数冊の文庫本とMP3プレイヤー、あとはティッシュとか目薬とかライトとかメモ帳とか……そんなのが入ればいいくらいのもの。ちょっとした街歩きに持って出たいようなバッグですね。
 そうなると候補としてはワンショルダーバッグとかになるんですよ。
 けど僕、あれがあんまり好きじゃないのです。単純な好みの問題で。
「肩から掛けるものにしてはちっちゃくね!?」って思っちゃうんです。あくまで僕の好みではですよ!?(配慮)
 かといってバカ正直にちっちゃいサイズの手提げバッグを持ち歩くのもなんかカッコ悪い。これもあくまで僕の好みではですよ!?(再配慮)
 じゃあ何ならいいんだよって話ですが、僕の要望に応えるドンピシャなアイテムがあります。
 それはセカンドバッグ
 今僕、セカンドバッグがめっちゃ欲しいのです。小脇に抱えるというよりは手首にストラップを通してぶらぶらする持ち方、あの感じで持ち歩きたいのです!
 しかしひとつ問題が。
 このセカンドバッグ、世間的なイメージがとにかくよろしくない!
 おっさん臭いだの借金取りっぽいだの、とかくろくなイメージがない!
 それがネック!
 けどねー、男が持つちょっとしたバッグで一番カッコイイのってセカンドバッグの形状、形態だと僕は思うのですよ。そしてきっとセカンドバッグ業界の人達もそう熱く信じていて、だからこそ悪いイメージがついていることに歯痒さを覚えていたのでしょうね。
 そこで彼らは(たぶん)こう考えました。
「〝セカンドバッグ〟に悪いイメージがついているのなら呼称を変えちゃえばいいじゃない!」と。(たぶんね)
『クラッチバッグ』の誕生です。
 クラッチバッグって呼び方、知ってました? 僕は最近知りました。
 要はセカンドバッグなんですけど、最近ではそう呼ぶそうです。それで悪印象から脱却しようって寸法です。(たぶんだよ?) 不祥事を起こした会社が社名を変えるのと同じやり口ですね。
 それでまぁセカンドバッグ業界の人達は、「クラッチバッグって名前にしたわけだし、もっとデザインもカジュアルな感じにしよう」と涙ぐましいことをお考えになられたんでしょう。クラッチバッグと呼称されるセカンドバッグのほとんどはカジュアルなデザインなのです。
 しかしそれが逆にダサい!!!!!※あくまで僕の好み(再々配慮)
 セカンドバッグっていうのは無骨だからいいと僕は思うのですよ!
 それを、それを……! そんなチャラい感じにしちゃあアカンのとちゃいますかいのぉ兄貴ィ……!

 けどその無骨な感じのクラッチバッグってのは、要は以前と変わらぬ悪印象なセカンドバッグなわけでして……。
 じゃあどうしようもないじゃん! って話ですが、そうなのです。どうしようもないのです。セカンドバッグ=オッサン臭い、借金取りというステレオタイプ的なイメージが風化するまで我慢するしかないのです、きっと……。
 或いは、セカンドバッグを超絶カッコ良く装備しこなしてるカリスマ的存在が、アイコンが、現れさえすればセカンドバッグのイメージも塗り替えられるんですけどねぇ……。
 いやホント、セカンドバッグに悪いイメージを植えつけたの誰だ……。
 
 ああ、僕もガガ彦のように開き直れたらなぁ。そうすれば何の抵抗もなくセカンドバッグ持ち歩くのになぁ。

 ――え? ガガ彦って誰だって? ご存じない? 
 ならやっぱりGランDKとダーティ・フェスタを読めばいいんじゃないでしょうか!
 答えはこの本の中にありますので、よしなにー!

 そいじゃまた。


海鮮居酒屋『竹心』



 去年の10月位からダイエットをしておりまして、炭水化物を控え、代わりにおかずをたくさん摂るようにしています。
 食生活の変化ですね。
 そうした食生活に慣れてくると味の好みにも変化が現れまして、油っぽい料理やお肉料理に心惹かれなくなってきました。
 ちょっと前までは「肉のない食卓は食卓にあらず! 肉だ! 肉を呼べ!」くらいの勢いだったのですが、最近では「あれ、肉、今日来てたの? 気づかなかったわ」と、ついつい冷たい態度をとってしまいます。
 なんなら「肉ってさー、最初はいい奴だと思ってたけど段々しつこく感じるようになってきたっていうか…ぶっちゃけノリ合わなくね!?」と、これまでの蜜月など無かったかのように陰口を叩く始末……ボク最低!

 しかしまぁ仕方がないのです。人間関係だって永久不変でないように、味の好みも変わっていきます。
 お肉料理よりも僕は今海鮮料理に心ときめいているのです!
 
 というわけでハイ来た。
deas_convert_20140601112443.jpg

 海鮮居酒屋『竹心(ちくしん)』でございます。
 僕、外観の写真を撮り忘れちゃいまして、この画像↑は竹心のツイッター(@C_Chikushin)より拝借しました。

 場所は東武東上線成増駅南口、東京メトロ地下鉄成増駅より徒歩一分。ぐでんぐでんの千鳥足にも優しい好立地。
 ここです↓ 

大きな地図で見る


 それでは早速入ってみましょう。
 引き戸をカラカラカラ~。


秀章「来たでー^^」
店長「秀章さん! いらっしゃいませ! お席はどちらになさいますか?」
秀章「そうですねー…」



BnlR8q4IMAI_u8z_convert_20140601112401.jpg
秀章「右側のカウンター席で一人しっぽり飲むのもいいけど…」

Bn9VtdQIcAARsT2_convert_20140601112418.jpg
秀章「ぐだぐだっとしたいので和室でお願いします!」


店長「かしこまりました!」


 とまぁそんな感じで席に通された後は「トリアエズナマ!」という呪文を唱えてみましょう。
 プレミアムモルツが運ばれてきます。
 もちろん「ニホンシュ! ショーチュー!」でもいいですけどね。種類が豊富で、ハズレ無しなラインナップです。

 あとはもう本能の赴くままに食べるべし!
 海鮮居酒屋と銘打つだけあって……竹心は……海鮮料理がめちゃくちゃウマーーーーーイ!


CIMG2441_convert_20140601093452.jpg
 海鮮サラダ。タコとマグロとオナガダイの刺身がごろごろ入ってます。
 画像が粗いのはご愛嬌。ひとえに撮影者(秀章)の腕が悪い。

 刺身の盛り合わせはこのような感じ↓ 「結局店のツイートから引っ張ってくんのかい!」という話ではありますがそこもご愛嬌。だってこっちのほうがうまく撮れてるんですもん……。




CIMG2442_convert_20140601093604.jpg
 サワラの炙り刺し。美味。
 けどこの画質は……言うまでもなく撮影者は秀章である。
 あと金目鯛の炙り刺しとかもありましたがそちらも美味。
 

CIMG2445_convert_20140601093650.jpg
 青森産メバル姿煮付け。美味い……白飯欲しい……ハッ!? 炭水化物ダイエットしてる僕への罠か! 
 ちなみに刺し身、煮魚と紹介してきましたが、焼き魚や揚げ魚も色々ありますよ。

CIMG2444_convert_20140601093628.jpg
 ネギ豚ポン酢。


 結局肉も食ってんじゃねえか!


 へへっ、すみません。

 ちなみに鶏の唐揚げも頂きました^^
 
 
 
 さてはてこの竹心、5月初頭にオープンしたばかりのお店なのですが、実は東武東上線鶴瀬駅にある『巌窟屋』の二号店でして、僕は元々この巌窟屋の常連だったのです。
 なので顔を出してみたのですが……いやー巌窟屋同様、素晴らしい味と接客でございました。
 また近いうちに行きます!

 以上、秀章風食べログ的ぐるなび的記事でした。
 ご馳走様!

キュア秀章

 
 みんなプリキュア大好きですよね。


 ……いや、大好きなんですよ。特に同業者とかその周辺は結構チェックしてるみたいなんです。
 前々からプリキュアが人気あることは知ってて、数年前にも見始めようかと思ってた時期があったんですが、数話観ても面白さがいまいちわからず、放置してました。

 が、やっぱりチェックしといたほうがいいだろうと、ドキプリが放送スタートするタイミングで再チャレンジしたわけです。そしたら僕の感性がようやくプリキュアに追いついたらしく、面白さを理解出来まして。
 で、一旦プリキュアというものの観方、楽しみ方を理解したら他のシリーズも再放送とかで追いかけ始めまして、今では僕もすっかりプリキュアが大好きな大きなお友達に仲間入りを果たしました。

 現在視聴を終えたのは初代プリキュア、スイートプリキュア、ドキプリの3タイトルで、今はマックスハートとハートキャッチとハピネスチャージを追ってます。
 計6タイトル、シリーズごとに特徴が全然違くて、比較すると面白いですね。
 ハピネスチャージは初っ端から恋愛禁止を公言してるだけに、つまるところ恋愛をがっつり物語に絡めますよっていうフラグだと思いますので、そこが楽しみです。
 ドキプリは百合感とネタ感が満載なところが好きです。
 キャラとかストーリーで一番好きなのは、今のところスイートです。前も書きましたがハミィとフェアリートーンの可愛さは尋常じゃない。それと主要キャラの物語、人間関係の変化に徹底してスポットを当ててるのがいいなーと。
 絵柄的と戦闘が一番好きなのはハートキャッチ。
 ただ戦闘のガチ感は初代プリキュアには敵わないかなーと。初代プリキュアの戦闘は本当に攻撃が重そうで痛そうで、最高です。
 ブラックとホワイトっていう唯一無二感もいいですしね。
 あと初代プリキュアで唸らされたのは、OPと変身シーン。
 なぎさとほのかって、嫌々プリキュアをやっているというか、プリキュアとして与えられた力や使命に振り回されてるんですよね。で、OPとか変身シーンでそれを象徴するような演出がすごいなされてる。
 敵に追いかけられていたり、あとは自分で制御できてない落下とか、爆風にたたらを踏んだりとか。
 変身シーンですら、弾かれて勢いが余ってるのを何とか押し殺して登場って感じで。
 プリキュアという使命に翻弄されている、制御できていない、そんな二人の特性がとてもよく表現されています。他のプリキュアたちはみんな『シャララーン☆』みたいな、『キュピーン☆』みたいな、ノリノリで変身してるじゃないですか。その違いがいいですよね。
 ルミナスは逆に、正体がお姫様っぽいので、変身するときは内に秘めたる力を開放するイメージを演出してるっぽいですね。まとめていた髪が解かれたり、胸を中心に、内から外へ光が発せられたり。
 そういう演出がニクいっす。

 多分このへんの話題は、リアルタイムで見ていた人たちは散々し尽くしてるんだろうな。羨ましいぜ…!
 近いうちに誰かプリキュア好きな人捕まえてあれこれ話そう。そうしよう。

 それじゃ!

我ながら


 スタート(10月28日)  : 体重66,3kg 、体脂肪率20,8%

     ↓

     現在        : 体重58,3kg 、体脂肪率12,3%





 すごい! この調子でいくと俺多分消失する! ……ちょっと怖くなってきた。



スタート(10月28日)  : 体重66,3kg 、体脂肪率20,8%

           ↓

  11月15日  : 体重64,2kg 、体脂肪率17,3%

           ↓

  12月11日  : 体重63,4kg 、体脂肪率16,5%

           ↓

   1月10日  : 体重62,1kg 、体脂肪率16%

           ↓
  
  2月1日(現在)   : 体重60,9kg 、体脂肪率14,8%



 キター! ついに60キロ台突入! まさか炭水化物の摂取量を減らすだけでこんなに体重も体脂肪率も落ちるとは思わなんだ。これ50キロ台も夢じゃないくさいなぁ。というか今の食事量とか運動量はダイエット関係なく今後も継続する気でいるんだけど、そうすると底値はどのくらいになるんだろうか。絞りすぎて貧相に見えちゃうのも嫌だな。難しいところ。


 さて、たまには普通に日記でも。
 今日池袋のアニメイトに行ってきました。買い物目的もあったんですが、池袋アニメイトの九階ってイベントホールになってるそうじゃないですか? ビル型書店のワンフロアを丸々そういうスペースにするってすごいな~と、一度覗いてみたくてですね、ちょうど『アニメイトパフォーマンスカーニバル』というイベントがやってたのでちょろっと観てきました。
 内容としてはマンガやアニメにまつわるパフォーマンスなら誰が参加しようが何しようがOKっていうものらしく、僕が行った時はコスプレイヤーの方々が踊ったり歌ったりとかしてました。結構な数のお客さんがいて(座席は埋まってて、立ち見の方多数)、ノリも良く、とても楽しげな雰囲気でした。
 んでこのイベント、基本的には出演の申し込みを事前にするようなのですが、飛び入り参加(出演)もOKらしく、わざわざ飛び入り参加枠みたいのも用意してるらしいんですよねぇ。
 それ聞いて思ったんですが、例えばうだつのあがらないラノベ作家が飛び入りで参加して、歌って踊って最後に自著の宣伝したら興味本位かお情けでそこそこの数をお買い上げ頂けるんじゃね?って。
 もしかしたら作者直筆ポップとか書くよりよっぽど販促になるんじゃね?って。
 営業チャンスじゃね?ってめっちゃ邪なことを考え出してしまい、僕は危うくステージに駆け上がるところでした。
 危なかった~。
 本当にやってたら「このイベントを営業なんかに使うんじゃねー! 引っ込めハゲー!」って非難轟々だったかも。
「は、ハゲちゃうわー!!!!」ってお客さんと揉み合いになってたかも。
 揉み合いの末、「いてて……へっ、いいパンチだったぜ。お前、なかなかやるじゃねーか」「ふん、お前もな」とかいって友情芽生えちゃって僕の本買ってもらえたかも。
 ……あれ? じゃあやっぱり飛び入り参加したほうがよかったんじゃね!? 
 マジか~。でもそんな勇気ないな。よし、ここは誰か知り合いの作家をそそのかして、まずその人にやらしてみて様子見を――なんてまたも邪なことを止めどなく考えるハラグーロ秀章でした。

 じゃじゃじゃ。

プロフィール

秀章(ヒデアキ)

Author:秀章(ヒデアキ)
11月1日生まれ。うさぎ年。

ライトノベルやソーシャルゲームのシナリオなどを書かせていただいております。


小学館ガガガ文庫より、
『脱兎リベンジ』、
『空知らぬ虹の解放区1~2』
『GランDKとダーティ・フェスタ』

スニーカー文庫より、
『サークルクラッシャーのあの娘、ぼくが既読スルー決めたらどんな顔するだろう』を発売中。

連絡先 : hideaki1101☆gmail.com 
(☆→@)

よろしくお願いします。

著書
↑NEW!
GランDKとダーティ・フェスタ (ガガガ文庫)
秀章
小学館 (2014-09-18)
売り上げランキング: 992,579
空知らぬ虹の解放区〈2〉 (ガガガ文庫)
秀章
小学館 (2013-02-19)
売り上げランキング: 965,798
空知らぬ虹の解放区 (ガガガ文庫)
秀章
小学館 (2012-05-18)
売り上げランキング: 851,564
脱兎リベンジ (ガガガ文庫)
秀章
小学館 (2011-07-20)
売り上げランキング: 406,690
↓OLD!
最新記事
最新コメント
twitter
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
御連絡はこちらからお願いします

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスカウンター
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。